2007年10月19日

愛していてもそれを拒否する時

いろんな事件が起こってますが、
「触れられること」に対して女性は敏感です。
痴漢、セクハラなどは男性が思っている何十倍もの
嫌悪感を持ちます。

男の人でその感じが分からない場合は
「男性が好きな男性」に好意をもって触れられることを
想像してください。
痴漢やセクハラはそれくらいイヤーな後味が残るんですよ

実は、つきあってる彼に触られて、
すごく拒否しちゃったことがあったんです。
「なにすんのよー(バシッ)」みたいに。
喧嘩しているわけじゃないのに、どうしてかなーって考たら
いきなり、胸とかアソコとか触られるのが嫌だったんですね。
長年のパートナーでも順を追って欲しい。

つきあった初めの時はみんな
軽いハグから始まって、いちゃいちゃしてキスをして
だんだん盛り上がってきて・・・・になるのに
そういうのが
だんだん省略されちゃって。
特に男性はしたくなったら直接的だし
自分が触って欲しいのは「90%以上性器」だからそうなっちゃうのよね。

でも女性は、そうだなー、20〜50%くらい
体のいろんな部分を触って欲しい。
エッチの時だけじゃなくて、ふつうの時も

そしたらすごくうれしくて幸せになれて
その人の事をたくさん愛せるんじゃないかって思う
今日このごろです。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

自分を磨こう

実践!深く愛される女になりたい

伝授!潜在意識浄化法

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
もっとラブラブになれるグッズ
愛されるためのコスメ 〜ラブグッズ&コスメを試す会〜
 
たまには贅沢
ひびこれ良品発掘隊〜厳選の品大公開〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。